観葉植物03
10代の頃はそれほど大差が無くても、20代後半になると若く見える人と老けて見える人が出てきます。同級生、または同じ年齢なのに見た目に差が出る理由は何でしょうか。これは、外部刺激や日頃の習慣、精神的な事も関係してきます。外部刺激は、若い頃から日焼けをし続けてきた事による皮膚の老化が挙げられます。日焼けは肌を乾燥させ、シミを作り、皮膚を弛ませます。加齢でさらに皮膚の代謝も衰えてくるので、出来れば日頃から日焼け止めを使うようにしましょう。日頃の習慣は、食事内容や喫煙が挙げられます。食事の欧米化により、ファストフードや脂っこい食事を摂る人が増えました。過度の脂質は肌荒れの原因になるだけでなく、ファストフードは野菜不足になりがちです。多くの野菜に肌に良いビタミンが含まれています。出来るだけ野菜を毎日摂取するようにしましょう。喫煙は肌の老化を促進する事が医学で証明されています。若々しい肌を目指すなら、禁煙しましょう。他にも大切なのは、精神面が挙げられます。ストレスを抱えたり神経質になっていると、自然と笑顔が消えてしかめっ面になります。眉間に皺が刻まれ、口角が下がっていれば若く見えるとは決して言えないでしょう。顔の筋肉を使わなければ皮膚が弛む原因になります。嫌な事も解釈を変えて前向きに考える癖を付け、なるべく笑顔で過ごすようにしましょう。何事も楽しいかどうかは人によって違いますが、ちょっとした事でも楽しく考えるよう癖を付けていく事が大切です。早く老ける原因は自らが作っている事もあるのです。今からでも日頃どう過ごしているかを見直してみてはいかがでしょうか。